コンテンツへスキップ

○本日の給食○

本園のおいしい給食をご紹介します。

〈給食室より〉

本日の給食は長崎郷土料理でした。

メニューをご紹介します

《長崎天ぷら》キリシタン文化とともに海を渡ってきた長崎てんぷらは、小麦粉に砂糖などを加えて練り混ぜた衣をつけてカリッと油で揚げます

《浦上そぼろ》長崎県の郷土料理です。そぼろとは千切りの油いためのことを意味します。名前の由来は、ポルトガル語で余り物という意味の「ソプラード」がなまってついたという説や、あらい千切りという「粗ぼろ」からついたという説などがあります。

《具雑煮》長崎県の島原地方に伝わる料理です。今から、約380年前にあった島原の乱のとき、大将であった天草四郎が、農民たちにおもちをたくわえさせて、山や海からいろいろな具をあつめて、雑煮をたき、栄養をとりながら3ヶ月も戦ったといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です